答志島の「結(ゆい)づくり」プロジェクト(寄稿)のご案内

この度、公益財団法人「日本離島センター」の出版する雑誌「しま」(季刊)のNo252(平成30年1月)に「答志島の『結(ゆい)づくり』プロジェクト 都市高齢者向け『漁業版ワーキングホリデー』を開始」を寄稿しました。

 

日本離島センターとは、「離島の自主的・創造的な振興活動の推進、支援に関する事業を行い、離島住民の生活の安定と福祉の増進を図り、あわせて国民経済の発展に寄与すること」を目的とした公益財団法人です。

 

昨年この「結(ゆい)づくり」プロジェクトを、同法人の平成28年度「離島人材育成基金助成事業」に採択していただき、これが大変役に立ったことから、その成果をまとめて寄稿させていただいたものです。

 

ここで、強調しておきたいことがあります。それは、この実践を通じわかった新たな発見です。「結(ゆい)づくり」とは都市の離島へのボランティア活動である以上に、離島の都市へのボランティア活動でもあったのです。これは本当に意外な結果でした。

 

このブログの左上にある「過去の論文」コーナーからもご覧いただけます。ご関心のある方にぜひお読みいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です