漁業法改正当時の農水大臣が現金を受け取った疑い(追記あり)

以下のカッコ内の報道がありました。よりにもよって改正漁業法の施行日の翌日です。

 

大臣室で現金を受け取るような大臣により行われた漁業法改正。

 

なんとも漁業者はたまりませんね。

誰がこのような腐りきった前安倍政権により強行された改正(悪)漁業法に従うでしょうか。

ますます徹底抗戦に元気が出ました。

 

一日も早く、元の漁業法に戻すべく政権交代を期待したいです。

 

FNNプライムオンライン  2020年12月2日 水曜 午前11:44

 

鶏卵生産大手の「アキタフーズ」元代表が、吉川貴盛元農林水産相の部屋などで、2019年だけで、少なくとも7回面会していたことが関係者への取材でわかった。

 

「アキタフーズ」は2020年7月、河井克行前法相夫妻の買収事件の関係先として、東京地検特捜部の家宅捜索を受けている。

 

関係者によると、元代表は2019年、吉川元農水相と議員会館や東京都内の料亭などで、少なくとも7回面会し、そのうち3回は、大臣室だったという。

 

吉川元農水相は鶏卵業界をめぐり、便宜を図る見返りに、元代表から現金を提供された疑いがあり、特捜部は、大臣室での面会の際に渡されたとみて調べている。

 

追記:12月7日

またまた以下のような報道がでてきました。

よりにもよって、2代の総理が続けてダブル桜とは。

本当に前安倍政権にふさわしい官房長官でしたね。

 

総理、官房長官、農水大臣の腐敗ラインのもとで改正(悪)された漁業法。

 

当然法律の中身も腐りきっており、直ちに前の漁業法に戻すべきでしょう

 

週刊ポスト2020年12月18日号(NEWS ポストセブン配信)

本誌・週刊ポスト前号(12月11日号)では、菅氏が官房長官時代の2014年4月、横浜ロイヤルパークホテルの大宴会場「鳳翔」で約2500人の後援者を集めた会費1500円のパーティー「春の集い」を開き、政治資金収支報告書に記載していなかった問題を報じた。

 

ロイヤルパークホテルは前号の本誌取材に「宴会料金はケースバイケース」と答えていたが、改めて大宴会場「鳳翔」の料金を確認すると、「時間貸しはしておらず、1日貸しで鳳翔の室料単価は700万円。そこに飲食代などその他の費用が加算される形になる」(セールス部)と説明した。

 

「春の集い」の会費は1500円。2500人参加なら収入は375万円で、会費だけでは飲食代どころか室料もまかなえない赤字パーティーだった可能性が一層強まる証言だ。

 

その差額は一体、誰が補填したのだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です