菅総理を逮捕すべきでは

私は、2021年6月10日付けのブログで、

菅総理がやろうとしていることは、「五輪がうまくいけば次の総選挙に有利になる。もし五輪で感染が拡大し死亡者が増えても、まあ別にいいや」です。緊急事態宣言下にある東京でわずか50日余後に、感染リスクの拡大が絶対に避けられない五輪開催を強行しようとする菅総理の行為は「未必の故意による殺人」という犯罪そのものだと思います。

 

五輪が原因の感染と医療ひっ迫などで助かる命も助からなかった人の遺族から「未必(みひつ)の故意による殺人」として訴えられることもあると思います。

と書きました。

 

とうとう一日当たりの感染者数が全国で過去最高の12340人(7月30日)に達しました。

 

そのため、8月3日に菅総理は「医療機関の病床逼迫(ひっぱく)を防ぐため、東京都など感染急増地域では、重症者や重症化リスクの高い患者を重点的に入院させる。」としました。

 

これは、「医療ひっ迫などで助かる命も助からなくなる」ことを意味します。

 

菅総理を「未必の故意による殺人」の罪で逮捕すべきではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です