当たれ!「ラスト・プライムミニスター・スガ」の予測

本日(9月3日)菅総理が、「自民党総裁選に出馬しない」と表明しました。

 

私は、2020年9月18日付の当ブログ「ラスト・プライムミニスター・スガ」で、以下の内容を掲載しました。

私は2か月前の7月13日付でアップした「安倍長期政権とは一体なんだったのか(後編)」の最後で、以下のように書きました。

長かった安倍政権も近く終焉を迎えるでしょう。おそらく、そのあとも変わり映えのしない総理による自民党政権が続く可能性が大だと思います。

この予測はまさにドンピシャリでした。

そこで調子こいて次の予測を書きたいと思います。

「ラスト・プライムミニスター・スガ」です。

 

1年前の「調子こいて次の予測」がまたまたドンピシャリ

と言いたいところですが、「ラスト・プライムミニスター・スガ」の意味する正確なところは、自民党政権としての最後の総理でしたので、目前に迫った次期総選挙の結果を待たないと予測は当たったかどうかはまだわかりません。

何としてでも私の「調子こいた予測」が当たりますよう、次期総選挙における政権交代の実現を願いたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です